馬車馬さんとビッグマウス

映画「馬車馬さんとビッグマウス」
観てきました!

鶴瓶さんが外画のようだと評していたけど、納得しました(笑)

なんつうか、雰囲気はギルバートグレイプ的な?
シュールでブラックジョーク系で、どうしようもない現実と向き合う感じと坦々としてて地味なトコが(笑)


夢を見るのは簡単で、夢をがむしゃらに追い掛けるのも大変だけど、それを諦めるのや、現実を受け入れるのは、とても辛い。

きっと、誰もが人生の中でつまづいたり悩んだりすると思うんだ。
そんな自分と主人公達が重なるというか。

それは否定的な事ではなくて、寧ろ何かをやりきる事ができるのは本当に素晴らしい事で、そんな夢さえ見られないで悩んだりする事もあるわけで。

天童だって、現実によく居る若者だと思う。
でも、そこから先に進めるかどうかは本人次第なわけで……。


あの作品を書いたのがどちらの主人公なのかと思うかで、終幕後の未来が随分と変わりますね。
私は天童であって欲しいです。

これ、ネタバレだな(笑)
観てない方すみません!

さて、次は何を観ようかな。
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © のびのびといこう all rights reserved.

FC2Ad